Tポイントが貯まるクレジットカードとポイントがつかない使い方まとめ

ポイントサービスの歴史はTポイントにあり。

日本発のポイントサービスであり、共通ポイントとしてもトップクラスに使いやすい「Tポイント」。

私も今はYahoo!JAPANカードをメインにし、Tポイントを活用中です。

そこで、Tポイントが貯まるクレジットカード、有効期限、ポイントがもらえない使い方などについて調べてみました。

 

対応ポイントサービスがTポイントのクレジットカード

※Tポイント公式サイトより抜粋

  1. Tカードプラス
  2. マジカルクラブTカードJCB
  3. 日立チェーンストールTカード
  4. ファミマTカード
  5. Yahoo! JAPANカード

それぞれの特徴を簡単に紹介しておきます。

1.Tカード プラス

Tカードプラスは多くの種類があります。

  • カメラのキタムラ発行
  • 富士シティオ発行
  • スマイルパーソナル
  • アプラス発行
  • コバックメンバーズ
  • FIDO MEMBERS CLUB
  • こうのうMembers
  • Luminous発行
  • WonderGOO・新星堂発行
  • TONE×TSUTAYA発行

ほかTカードプラス ライトブルーもあり。

主な特典は

  • TSUTAYAで利用するとポイント3倍
  • TSUTAYAのレンタル更新不要
  • TSUTAYAのレンタル更新料無料

また、それぞれ発行カードによって年会費などが違っています。

 

2.マジカルクラブTカードJCB

ニッセンで使うと特典がある年会費無料のクレジットカード。

ニッセンで月2万円以上使えばポイントが5倍に。また、ニッセン以外では通常200円=1p還元ですが、月3万円以上使えば2倍付与されるため1%還元になります。

 

3.日立チェーンストールTカード

日立の地域家電店「日立チェーンストール」発行のクレジットカード。初年度年会費は無料、翌年以降は500円です。

 

4.ファミマTカード

ファミリーマートで使えばさまざまな特典がつくクレジットカード。

年会費無料、毎週火曜と土曜にファミマ利用で2.5%還元、女性は水曜日ポイント2倍など充実しています。月の利用額によってもポイントアップ制度があり、最大5%還元も狙えます。

関連記事⇒コンビニクレジットカード比較

 

5.Yahoo! JAPANカード

年会費無料、ヤフーショッピングでの特典が特に充実しているクレジットカード。

ショッピングアプリも併用すれば常時5%還元にできる優秀なカードです。JCBブランドならnanacoチャージでもポイント還元されておトク。

関連記事⇒Yahoo! JAPANカードを持っていたほうがいい人

 

Tポイントの有効期限

使った、もしくは貯まったときから1年間有効。

 

Tポイントが付与されない使い方

次のものをクレジットカード払いしてもTポイントはもらえません。

  • 契約事務手数料
  • 機種変更手数料などの事務手数料
  • 解約違約金
  • 104番号案内電話料金
  • コンテンツ情報料
  • S!まとめて支払い利用料
  • ソフトバンクまとめて支払い利用料
  • ソフトバンクケータイ支払い利用料
  • 携帯電話機の分割支払金/賦払金
  • 消費税
  • ユニバーサルサービス料
  • 義援金
  • 支援金

など。

ほかソフトバンク公式サイトに掲載されていたもの↓

通信料を払ってもTポイントもらえないみたいですね。

ほか、ファミマTカード、Yahoo! JAPANカードなどでもポイントが付かないパターンを探してみましたが掲載されていませんでした。

 

まとめ

Tポイントが貯められるクレジットカードとサービス内容についてまとめました。

共通ポイントとしてトップクラスのシェアがあるTポイントですが、対応クレジットカードは意外と多くない印象です。

ただポイントサイトなどで交換できますし、使い勝手は最強クラス。年会費無料の対応クレジットカードを1枚作っておくと節約にも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.