メルカリの現金販売実態について調べてみた

メルカリで現金が売られているっていうツイートが少し前に出て話題になってました。

ネット上には「メルカリ側は問題ないっていってる(詳細不明)」っていう話も見かけましたが、いわゆるクレジットカードの現金化なわけですしグレー・・・というかダメでしょうね。

ITニュースってサイトによると、その日のうちにメルカリ側は一旦現金販売を禁止したみたいです。そして出品されてるのを見つけ次第削除してるようです。

話題になってから少し経ってるのでさすがにメルカリにはもうないんだろうな、と思いつつチェックしてみると、まだ何件か出品されてるのを見つけました。

メルカリで現金を検索してみた結果

「現金」で検索した結果、2件だけヒット。

でも数分後に再検索したら上のだけ「この商品は削除されました」となっていました・・・。メルカリが削除したんでしょう。

ほか、「”旧” 1万円札○枚」みたいな出品は今でもたくさんあります。旧と言っても福沢諭吉バージョンの新しいやつです。なかなか狡いこと考えますね~(汗)。

旧も何も1万円には違いないんですし、買う側の利用目的な同じなので微妙なラインですね。でも「”旧”紙幣がどうしても欲しかったんです!」と強く主張したら問題ないような気もします。

ただ出品されてる1万円札が本当に旧紙幣なのかもわかりません。受け取った側が「違うじゃん!福沢諭吉の旧1万円札がほしかったのに!(怒)」となるわけないでしょうし。

メルカリでSOLDしていた1万円札の旧紙幣は、こんな価格でした。

  • 25枚→287000円
  • 20万→228500円
  • 3枚→38500円
  • 1枚→12499~13580円

など。

差額を利息とすると、だいたい15%~35%くらいですかね。もったいないと普通は思うはずですが、お金に困ってると買うしかないんでしょうね。闇は深い・・・。

出品する側はメルカリの取り分や現金書留発送料などもろもろ差し引いても簡単に稼げてしまいます。いろいろ考えるもんですね~。素直に感心してしまいました。いい悪いは別として。

ほか「紙幣」で検索しても出てこず。

「お金」で検索しても旧硬貨などコレクターアイテムがでてくるんですがすぐ使うための現金はなし。

興味ある方は「旧紙幣 1万円」で検索してみましょう。まだヒットする可能性高いので。

まとめ

ネットで話題になったメルカリ現金売買について取り上げてみました。

やっぱり直接お金をやり取りする商売は手軽で簡単に儲かりますね。クレジットカードや銀行みたいな直接現金をやり取りする商売をやりたいものです。

そういえば、以前どこかで銀行を開業するには30億くらい必要って聞いたことあるんですが、できるできないは置いといて自分でやれたらすごいですね。自分で不動産投資するとき融資条件いくらでも緩くできそう。