ApplePayの使い方と使えるクレジットカードまとめ

2016年から日本でもサービス開始したアップルの非接触型決済サービス「ApplePay(アップルペイ)」。

今のところ次の3種類の電子マネーに対応しています。

  • iD
  • QUICPay
  • Suica

日本で普及してるおサイフケータイに比べると少ないんですが、ApplePay最大の強みは日本のスマホシェア半数のiPhoneで使えること。端末単体では「iPhone7」以降しか対応してないものの、アップルウォッチ2と組み合わせれば旧モデルでも利用可能です。今後確実に利用者が増えていくのは間違いないですね。それにともなって対応する電子マネーも増えていくのでは?と思います。

そこで、まだまだこれからのサービス「ApplePay」の使い方や、対応するクレジットカードについて紹介していきます。

ApplePayの始め方についてはこちらの記事でも解説しています。

ApplePay(アップルペイ)の始め方とメリット

ApplePay(アップルペイ)の使い方

基本的にWalletアプリを使って使います。

ApplePayにSuicaを追加

Walletアプリ起動
→「次へ」
→「カードの種類」でSuicaを選択
→Suicaカード裏面のカード番号と生年月日を入力
→SuicaカードをiPhone本体の上に置くと転送され登録
→登録したクレジットカードでチャージ
※Suicaカードがない場合はSuicaアプリを使います

ApplePayにクレジットカードを登録

※アコム/SBIカード/NTTファイナンス/エムアイカード/東急カードなど一部クレジットカードは非対応

Walletアプリ起動
→「カードの種類」で「クレジットカード」を選択
→「カードを追加」でカードをカメラで読み取る
→「名義」「カード番号」をチェックし「次へ」
→「有効期限」「セキュリティコード」を入力
→アプリが自動で照合
→「同意する」を選択
→追加され対応電子マネーが表示される
→認証方法を選択(SMSやカードのアプリなど)
→認証コードを入力し「次へ」を選択
→登録完了!

ApplePayでクレジットカードからSuicaチャージする

その都度チャージ
Walletアプリ起動
→チャージするSuicaを選択
→「チャージ」を選択
→チャージする金額を入力
→「Touch ID」をタッチ
→チャージ完了!

オートチャージ(ビューカードのみ対応)
Suicaアプリ起動
→「Suica管理」の「オートチャージ設定」を選択
→「オートチャージ申込/変更」を選択
→クレジットカード情報を入力
→「登録する」を選択しカード登録完了
→「オートチャージ設定」を選択
→オートチャージ条件を設定
→確認して完了!

ApplePayで支払う

レジで使う電子マネーを伝える
→Touch IDに指を乗せiPhoneをリーダーにかざす
(メイン以外なら使うカードを選択してから)

自動改札機はiPhoneをかざすだけでOK!

ApplePayに対応するクレジットカード

ApplePay対応というか、利用できる電子マネーサービスに対応するクレジットカードということになりますが、使えるクレジットカードは電子マネー別に次のものがあります。

【iD】に対応するクレジットカード

  • dカード
  • ソフトバンクカード
  • Amazon MasterCardクラシック
  • イオンカード
  • 大丸松坂屋カード
  • JP BANKカード
  • ペルソナSTACIAカード
  • 横浜バンクカード

【QUICPay】に対応するクレジットカード

  • Orico Card THE POINT
  • ルミネカード
  • au WALLET クレジットカード
  • TS CUBIC CARD
  • JCB EIT
  • 楽天カード
  • セブンカード・プラス
  • Yahoo!JAPANカード
  • MUFGカードスマート

【Suica】に対応するクレジットカード

  • ビックカメラSuicaカード
  • ANA VISA Suicaカード
  • アトレビューSuicaカード
  • ビュー・スイカカード など

まとめ

ApplePayの使い方と登録できるクレジットカード会社を対応電子マネー別に紹介しました。

基本的にWalletアプリ上でできるので難しさは感じないはず。iPhoneがさらに便利になるApplePayは今後ますます使い勝手が上がっていくのは間違いありませんし、今のうちに慣れておきましょう!